インディアン・ジュエリー

ペンダント/

〜HOPI族〜

HOPI族は、アメリカのフォー・コーナーズと呼ばれている4つの州境がクロスしている地域を中心にアナサジ文明(古代文明)の栄えた地域に今もなお、古来からの生活の仕方や伝統を守って住んでいるアメリカ最古の部族です。
地球がはじまって今のこの世界に人間が到達してから今日までの歴史を口頭伝承で守り続けています。
その歴史の長さと、精神性の純粋さにおいて、すべてのネイティブアメリカンの諸部族からも一目置かれている一族です。 地球全体の環境問題と人間の精神についてメッセージを発信続けているHOPI族。シンプルでありながら、存在感のあるアイテムをぜひ、じっくりご覧ください。

HOPI(ホピ)ジュエリーの特徴は、「オーバーレイ」といわれる技巧です。オーバーレイとは「上からかぶせる」という意味で、デザインを切り抜いた銀板をもう一枚の銀板と張り合わせて立体的に見せます。ホピだけがもつ独創性のあるジュエリー造りの為に考案された技法で、インディアンジェリーを代表する技法と言われています。