インディアン・ジュエリー

ペンダント/

〜HOPI族〜

HOPI族は、アメリカのフォー・コーナーズと呼ばれている4つの州境がクロスしている地域を中心にアナサジ文明(古代文明)の栄えた地域に今もなお、古来からの生活の仕方や伝統を守って住んでいるアメリカ最古の部族です。
地球がはじまって今のこの世界に人間が到達してから今日までの歴史を口頭伝承で守り続けています。
その歴史の長さと、精神性の純粋さにおいて、すべてのネイティブアメリカンの諸部族からも一目置かれている一族です。 地球全体の環境問題と人間の精神についてメッセージを発信続けているHOPI族。シンプルでありながら、存在感のあるアイテムをぜひ、じっくりご覧ください。

HOPI(ホピ)ジュエリーの特徴は、「オーバーレイ」といわれる技巧です。オーバーレイとは「上からかぶせる」という意味で、デザインを切り抜いた銀板をもう一枚の銀板と張り合わせて立体的に見せます。ホピだけがもつ独創性のあるジュエリー造りの為に考案された技法で、インディアンジェリーを代表する技法と言われています。

リング/

〜ZUNI族〜

アリゾナ州、ニューメキシコ州からメキシコにかけて先史時代より居住する他の部族とは異なり、争いを好まず平和的な部族と言われるズニ族。

ネイティブアメリカン・ズニ族が製作するインディアンジュエリーは、ニードルポイントと呼ばれる技法やインレイと呼ばれる技法があります。
ニードルポイントとは天然石やシェル(貝)を小さくカットして花びらが集まったような形にアレンジしたものです。また、インレイとは直接石をはめ込み、削りだしてデザインを作っていく手法のようです。
よく使われる石などは、ターコイズ・オニキス・サンゴ・シェルなどが多いようです。

バングル/

〜NAVAJO族〜

アメリカの南西部にナバホ・ネイション(Navajo Nation)として保留地を領有しているネイティブアメリカン最大の部族です。
ネイティブアメリカンの中でもシルバージュエリー作りを始めたのが一番早いと言われております。
自分の身を守ってくれると、信じられているターコイズを大切に扱い、気持ちを込めて手作りされた一点もののジュエリーの中から、自分に合うジュエリーを見つけて下さい。
また、ターコイズは採れる産地によって色や模様が違うため、自分だけの石にめぐり合える楽しみもありま
す。

ナバホ族のジュエリーは、スタンピングとよばれる地金を叩いて模様を作っていく技法やターコイズや他の天然石などを大胆にあしらったデザインが特徴です。

ピアス/

〜SNTO DOMINGO族〜

サントドミンゴ族は、定住型農耕民族で、ニューメキシコ州の北側に位置する、人口の少ないプエブロ(集落)の一つです。
サントドミンゴ族が製作するインディアンジュエリーは、ターコイズやサンゴ石、貝殻などを筒状の形のビーズに仕上げ、それらを紐に通し繋げていくヒシと呼ばれるネックレス作りが特徴の部族です。

時計/

〜ISLETA族〜

イスレタ族は、プエブロの反攻があった時代にホピのもとへ非難をした歴史を持ち、ホピ族の影響を受けた部族です。ニューメキシコ州のリオグランデ川流域、ベルナリオ郡にある小さなコミュニティで形成されているプエブロです。
イスレタという言葉はスペイン語で「小さい島」を意味します。

ジュエリー製作をする人は多くはありませんが、羽根のモチーフを好んで使用し、ジュエリーにもHOPI族の影響が感じられます。

バックル/

マネークリップ

キーホルダー/

Zippo/

Artist/